明治時代のカレー材料

明治5年、日本で初めてカレーライス調理方法を掲載した書籍『西洋料理指南』でのカレーの調理材料は

生姜(ショウガ)、葱、大蒜(ニンニク)、海老、牡蠣、鶏、バター、小麦粉、カレー粉、アカガエルと書かれていました

念のため、もう一度書きますが『アカガエル』です

当然、カエル肉を使ったレシピは広く普及する事はなく、葱(ネギ)も時代の経過と共に玉葱(タマネギ)に置き換わって行きました

現在では当たり前のようにカレーの材料として認知されているジャガイモ、タマネギ、ニンジンは当時の日本では、まだ珍しい西洋野菜であったため、この頃のカレーレシピには含まれていませんでした


世界のご当地カレー 12種類お試しセット


ベストセラー&天国リンク

カレー天国トップn
- mono space -